« レポ | トップページ | 白水社の辞書 »

2018年7月14日 (土)

100ドルを切ったDVDレコーダー

 ウォルマートからの安売りメールに、前回ハワイ島滞在中に2台買ったILOのDVDレコーダーも掲載されていた。値段は98ドル台だ。150ドルでも安いと思っていたが、とうとう100ドルを切ってしまった。レコードがCDの登場によって消滅させられたように、DVDによってカセットテープは消滅の運命を早められそうだ。DVDと言えば、25枚入りのDVD-RWを買ったつもりであったが、ラベルをよく見ると、CD-RWであった。大きさがまったく同じなので、外見だけで判断すると、こういう間違いが起こりそうだ。
 同じメールに安売りパソコンも掲載されていた。17インチのCRTモニターが付いており、CPUのスピードが2.93GHzで、価格は500ドル以下だ。CD-RWとDVD-ROMなどが使えるコンボドライブも装備されている。XPホームエディションなどのソフトも付いている。パソコンはどこまで安くなるのか想像もできない。
 アロハ航空のホノルル・ヒロ間の往復チケットもユナイテッド航空からのメールで来た。手数料は1人当り580円だった。高めに言っておいて、実際には安いと顧客はいい気分になりがちだ。それを想定してわざと高めの手数料を事前に告げたのだろうか。

« レポ | トップページ | 白水社の辞書 »